家電などはリサイクルショップで買取してもらおう

廃棄処分について知ろう

大量消費のこの時代、廃棄物も大量に発生しており廃棄処分を適切に行なう必要があります。家電4品目のように、物品によって法律で処分方法が定められている場合がありますので注意しましょう。

処分に困る物品ランキングBEST3

no.1

大型の家具

第1位は大型の家具です。ベッドやソファなど、大型の家具は処分に困る人がほとんどです。組み立て式のもので、ある程度解体できればまだ良いのですが、ソファやベッドは本体自体が大きいのでかなり処分に苦戦します。不用品回収やリサイクルの出張受取・買取サービスを利用すると良いでしょう。

no.2

家電4品目の物品

次に困るとされているのが、家電4品目の物品です。家電リサイクル法によって、テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンはごみとして廃棄処分できません。したがって、リサイクル業者や不用品回収業者へ依頼しなければなりません。個人で郵便局へ行きリサイクル券を購入の上処分する方法もありますが、手間がかかります。

no.3

パソコン機器

処分に困る物品として第3位に挙げられているのがパソコン機器です。何故かと言うと、パソコンのハードディスクには膨大なデータや個人情報が記憶されていますので、プライバシーの観点から廃棄処分に困ります。メーカーによる回収や、信用できる回収業者へ依頼すれば、ハードディスクの消去も同時に行なってくれます。

廃棄処分に困らないために

家具

家電販売業者へ依頼しよう

埼玉県において、テレビなどの家電4品目を処分したい場合、家電リサイクル法によりごみとして廃棄処分することが出来ません。処分方法として、処分したい家電を購入した販売店か買い替える販売店に処分を依頼できます。それが困難な場合は、料金が発生しますが、自治体やリサイクルショップを活用してリサイクルとして処分することができます。また、自分で郵便局でリサイクル券を購入して、廃棄物の指定取引所へ持ちこむことで処分する方法もあります。

その他の処分方法も

それが困難な場合は、料金が発生しますが、自治体やリサイクルショップを活用してリサイクルとして買取を依頼することができます。また、自分で郵便局でリサイクル券を購入して、廃棄物の指定取引所へ持ちこむことで処分する方法や、不用品回収業者へそのまま回収を依頼する方法もあります。最近では、条件によりますが、県外まで不用品を回収してくれる業者もいます。例えば、埼玉在住で名古屋の不用品回収業者へ依頼することも可能ということです。

物品の処分に関する疑問を解決!

リサイクルと廃棄処分どちらが良い?

家具にもよりますが、テレビやエアコンなどを廃棄処分する場合、料金をかけて処分する自治体が多いとされています。一方、リサイクルの場合は、リサイクルショップが出張買取サービスなどで買い取ってくれる場合がありますので、リサイクルできるものはリサイクルした方が良いと言えます。

高く買い取ってもらう方法はある?

物にもよりますが、ブランド品を買い取ってもらう場合は、ブランドに関する知識や買取実績の多い店舗へ買い取りを依頼すると良いでしょう。ブランド品以外でも、査定スタッフがしっかりとした専門的知識を有している店舗が適切な査定を行なってくれます。

不用品回収業者は利益が出ているの?

不用品回収を依頼する人に多い疑問なのですが、不用品回収業者は、回収した物品を色々な業者へ売ったり、オークションサイトなどを使って利益を得ています。そういった背景を理解すれば、安心して依頼できるでしょう。

新着情報

[PR]

広告募集中